アクセスカウンタ

【本の扉】 &・・・そらまめ雑記帳・・・

プロフィール

ブログ名
【本の扉】 &・・・そらまめ雑記帳・・・
ブログ紹介
読書ネット「本の扉」を紹介します。
児童文学や“ヤングアダルト”といわれる10代向けの本は、大人が読んでも十分に楽しめ、心に残る作品がたくさんあります。
読書ネットは現在10人の読書応援団(サポーター)です。
読みやすく内容の豊かな本を、大人の方にも知っていただきたい、また、親子で読んで、語り合うきっかけを作りたいと活動しています。
興味のある方、気軽にのぞきに来てください。

and,余計なひと言”そらまめ雑記帳”は独り言ですので御笑話下さい。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
vol.10 2009 その5
vol.10 2009 その5 まだまだあるよこんな本 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/02 21:47
vol.10 2009 summer その4
vol.10 2009 summer その4 まだまだあるよこんな本 テーマ 青 『色はことのは』     末永 蒼生(文) 内藤忠行(写真)    幻冬社 159p ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/14 23:05
vol.10 2009 summer まだまだあるよこんな本 その3
vol.10 2009 summer まだまだあるよこんな本 その3 『水の伝説』    たつみや章(作)    講談社  250p ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/09 21:39
そらまめ雑記帳4p
ブックトーク ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/27 22:38
vol.10 2009 summer その2
vol.10 2009 summer その2 『青空のむこう』   アレックス・シアラー (作) 金原瑞人 (訳)   求龍堂   239p ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/20 22:44
vol.10 2009 summer 本の扉 
vol.10 2009 summer 本の扉  今回は“空”“水”“海”など青(ブルー)を連想する本を集めてみました。 内容だけでなく、本の装丁(表紙の色や絵のデザイン)が 青い本にも自然と目がいくようになり、結構青が使われて いる本が多いことにびっくり。 普段自分が読まない本にも目がとまり、新しい 発見が・・・たまにはこういう選び方もおもしろいですよ。          久遠   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/15 22:29
vol.9 2009 spring その8
vol.9 2009 spring  その8 まだまだあるよこんな本 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/06 22:24
vol.9 2009 spring その7 まだまだあるよ!
vol.9 2009 spring その7 まだまだあるよ! span style=font-size:larger> まだまだあるよこんな本2  『ブロックルハースト・グローブの謎の屋敷』メニム一家の物語   シルヴァー・ウォー(作) こだまともこ 訳 佐竹美穂 絵   講談社  343p 等身大の人形たちが、人間同様に暮らすけれど、 人形ゆえの悩みもあって・・・ 細密な絵もすばらしい。 シリーズ第1作。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/03 23:14
vol.9 2009 sprinng 本の扉 その6 *
vol.9 2009 sprinng 本の扉 その6 *  まだまだあるよこんな本  『魔法のほうき』 C・V・オールズバーグ (文・絵)    村上春樹 訳  河出書房新社 28p 秋の夜、魔女が空から落ちてきた。 乗っていたホウキが突然飛ばなくなったからだ。 映画「急行北極号」「ジュマンジ」の原作者が描く不思議な 世界。    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/02 22:59
そらまめ雑記帳6p 本年もよろしく!
そらまめ雑記帳6p 本年もよろしく! お正月というものが、ひどく疲れる行事と感じるようになったのは、 何時からでしょうか? しばし脱力していましたが、気を取り直し24年の始動です。 今日モーニングセットを食べながら、堀に来るカモメにえさを あげている老人を、眺めていました。 カモメは空中で見事にえさをキャッチして優雅に旋回している。ちょっと面白そう! 城内に住んでいるカラスが何羽も集まってくるけど、桜の高い枝に 止まって眺めるだけでカモメの群れには入らないのです。 綿入れを着たその老人が帰ると、トレンチコー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/16 22:02
そらまめ雑記帳 5p 謡本
そらまめ雑記帳 5p 謡本 謡(能楽)に初めて出会ってから、30数年たちますが、子持ちのサラーりーマンの家計では習い事にお金を 割けず免許も取らずとうとう初心者のままです。 それでもそれなりに続けていると得るものもあり、謡は大好きです。 曲想を思いながら謡っています。独断と偏見ですが、曲についてちょっと語りたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/02 23:12
vol.9 2009 spring その5 ファンタジー *
vol.9 2009 spring その5 ファンタジー * 『ローワンと魔法の地図』    エミリー・ロッダ (作) さくまゆみこ(訳)・佐竹美穂(画)    あすなろ書房  213p  川の水が止まった村を救うため、屈強の若者6人と水源のある 魔の山へ向った少年ローワンの冒険物語。  あるお母さんが、私立大学の入試の後、落ち込んでいた娘さん に渡した本といって紹介してくれました。 その娘さんはその後 国立大学に行き、小学校の先生になったそうです。  怖がり屋で弱虫のローワンが、大好きな家畜のバクシャーの ために魔の山と戦った勇気に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/28 23:30
vol.9 2009 spring その4*
vol.9 2009  spring その4* 『どろぼうの神さま』   コーネリア・フンケ (作) 細井 直子 (訳)   WAVE出版 500p  母親の死後、おば夫婦に引き取られるのを嫌がり、ドイツから 逃げてきた幼い兄弟。彼らは、廃墟になった映画館に他の仲間 とこっそり暮らしている。  どろぼうの神さま・スキピオをはじめ、個性豊かな子ども達が、 自由と幸せを求めて、運河の町ヴェネティアを飛び回る冒険 ファンタジー。  読み出したら止まらない!を久しぶりに体験しました。 あなたも睡眠不足になるかも?!     ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/27 22:22
vol.9 2009 Spring その3 ファンタジー
vol.9 2009 Spring その3 ファンタジー 『13ケ月と13週と13日と満月の夜』    アレクッス・シアラー (作) 金原 瑞人(訳)    求龍堂 395p  赤毛でそばかすの女の子カーリーに起こった悪夢のような 出来事。 予想外の展開にハラハラドキドキ。  ぐいぐいと本に引き込まれ、夢中で読みました。 絶望しても良いくらいの状況で、決してあきらめなかった主人公 カーリー。その強さと分かりあえる仲間の大切さ。 出会いが多いこの時期にこそ読んでみてはいかがでしょうか? また、“家(ホーム)”の定義が心に響きます。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/23 23:16
vol.9 2009 Spring ファンタジー その2 *
vol.9 2009 Spring ファンタジー その2 * 『記憶の国の王女』    ロデリック・タウンリー (作) 布施 由紀子(訳)    徳間書店  255p  本の住人たちは長い間読者を待っていた。そしてとうとう、 待つことに疲れた主人公シルビー王女は、本の世界を飛び出し、 読者である女の子の記憶の世界へと冒険に出かける・・・  本の登場人物たちが、その物語を演じるために、読者を待って いるという発想が、新鮮で心惹かれました。  ところで、みなさんは過去に読んだ本を全部覚えていますか? 多くの本を読んでは、過去に読んだ本の内... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/23 00:14
vol.9 2009 Spring その1
vol.9 2009 Spring その1 今回は外国のファンタジー作品を集めてみました。 多くの方に夢や希望を・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/20 23:18
vol.8 2008 Autumn その6 作家に注目!
vol.8 2008 Autumn その6 作家に注目! 作家に注目! 上橋 菜穂子(うえはし なほこ)  1962年東京生まれ  児童文学作家であると共に文化人類学者でもあり、 オーストリアのアボリジニの研究などでも知られています。 現在川村学園女子大准教授。  1989年『精霊の木』で児童文学作家としてデビュー。1992年 『月の森に、カミよ眠れ』で児童文学協会新人賞を受賞。 1996年に刊行した『精霊の守り人』で独特の古代ファンタジーの 世界を生み出し、「守り人シリーズ」として書き継いでいくことにな ります。  「守り人シ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/17 16:55
vol.8 2008 Autumn  その5
vol.8 2008 Autumn  その5 『No.6』    あさの あつこ (作)    講談社 207p  あさのあつこさんのお得意の少年達が主人公の物語。 2013年の理想都市「No.6]。 12歳の誕生日に「ネズミ」と名乗る少年を助けたことから、将来を 約束されていた天才少年紫苑の人生は大きく変わり始める。  科学の粋を集めたはずの未来型都市の中で発生した人食い 寄生バチの繁殖から人間をすくえるのか、そして「ネズミ」の 正体は何? など、多くの謎が解けないままジェットコースターのようね展開で、 現在♯1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/14 23:15
vol.8 2008 Autumn その4 *
vol.8 2008 Autumn その4 * 『かくれ山の冒険』    富安陽子 (作)    PHP研究所 191p  ボールを探しているとそこに黒猫が・・・。 誘われるように、かくれ山に迷い込んでしまう。  決して優等生ではない主人公と、いかにも一癖あり そうな鬼、天狗、山姥、猫夫人。 捕えられた猫たちの救出方法は? 一緒にファンタジーの世界を冒険しましょう。 他に「シノダ」シリーズもオススメ!!!         《ナルナル》 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/12 22:17
VOL.8 2008 Autumn  その3 ファンタジー
VOL.8 2008 Autumn  その3 ファンタジー 『竜退治の騎士になる方法』    岡田 淳 (作)    偕成社 109P  放課後の学校に、忘れ物をとりにいった6年生の康男と優樹 は、誰もいないはずの教室で「おれは、竜退治の騎士やねん。 」と関西弁で名乗る男に出会う・・・。教室で竜退治!?と おもいつつ、入り込んでしまいますよ。  誰の心にも竜がいる。それはちょっとした努力で退治できるし、 自分も周りも変えることができるんだというメッセージが、押し付け がましくなく伝わる面白さは、さすが岡田さん。  ところで、竜退治... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/10 00:33

続きを見る

トップへ

月別リンク

【本の扉】 &・・・そらまめ雑記帳・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる